読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなの育児で知りたかったこと〜ぐぐってみたけども〜

8ヶ月の息子と共に見知らぬ土地にお引っ越し。大丈夫かぁ?!

ヘルパンギーナ その3。

そらが発熱し、夜間救急行って、帰ったあとの話。

お家着いて、3時半。
疲れたらしく、その後8時まで爆睡。


朝、熱測って38度ちょい。
熱はあるものの、昨日ほどではない。

機嫌もいつも通り。
手足に気持ち元気がないくらい。
つかまり立ちが覚束ないくらい。


9時半に再度診察を受ける。
昨日聞かれたようなことを再度聞かれ、答える。

いつからどうされたの?
最近人混み行った?
食欲は?
とかとか。

問診してもらうと、やはり喉真っ赤。
女医さん、開口一番「ヘルパンギーナだと思いますね。」


…何か聞いたことある気がする。

ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナとは


水泡もあるらしい。
水泡が痛いから、喉にやさしいもの食べさせてと。

あと、他の原因の可能性もあるから、採尿しましょうと。


採尿ってどうやるかと思ったら、おちんちんにビニールつけるのね。
で、おしっこするとビニールに溜まると。

結構アナログ。


で、おしっこするまで30分待機。

ビニールはずしてもらって、検査結果出るまでまた待機。

その間、そらお昼寝。
旦那は免許の住所変更で離席。

しばらく待って、検査結果異常なしで、ヘルパンギーナ確定。


お家帰って、遅い離乳食。
おかゆと、野菜スープ。

喉が痛いからか、野菜は食べず。
おかゆはいつも通り。

麦茶代わりのミルクも普通に飲む。


そのあと、疲れたからか爆睡。
なぜか旦那も爆睡。


夕方起きた頃には、熱も下がり、ご機嫌。
なぜか旦那が風邪引いたと言い出す。


夕方の離乳食もおかゆは食べるけど、野菜は食べず。

まぁ、おかゆ食べてくれるから良いんだけど。


そんなこんなありましたが、とりあえず熱は下がって元気になりました。

終始元気だったから、あまり心配しないで済んだし、病院で検査もしっかりやってくれたので、助かった。

最近は小児は医療費タダだし。
あれって助かるよねぇ♪♪